水没したらもうダメ?iPhoneの修理方法

水没しちゃった!でも慌てないで修理へ出そう

大切に扱っているスマホでも、ふとした事がきっかけで壊してしまうことがあります。特に水没はトイレに行った際に胸ポケットから誤って落下させてしまう事が原因で起こる場合もあります。ですが、修理する方法もあります。
水没してしまったスマホを直すには専門の修理業者へ依頼するのが一番です。水没は精密機器にとって非常に危険な状態であり、直せない可能性も捨てきれません。特に海水へ水没させてしまうと大変です。本体の基盤が腐食し修理が困難になってしまうからです。程度によっては修理が可能ですのでメーカーのサポートや修理を受けましょう。また、もしもという時のためにも大切なデータはバックアップをとっておくと良いでしょう。

水没しても、絶対にNGな行為

スマホを水没させてしまった為に電源が切れてしまった、急いで電源を入れてデータを確認したいところですがこれは絶対にしてはいけません。水が入り込んだ状態で電源を入れると、水が導線の代わりになりショートを引き起こす原因となります。また、振って水を出す行為もNGです。振ることで水の被害を受けていなかったところにまで影響が及び、水没被害を拡大してしまう危険性があります。かといってドライヤーを利用して乾かすというのも被害を広げる可能性があるので危険です。
水没をさせてしまったら、自分でなんとかしようと考えず直ぐに修理業者へ持ち込むのが一番です。場合にもよりますが修理によりデータが復活する可能性もありますよ。

iphoneが起動しないというケースには、りんごマークが表示されても起動しないということが多くなっており、この現象のことはりんごループと呼ばれています。