音が出ない!そんな時はスピーカー交換修理をするべき

事前に確認しておきたいこと

iPhoneの音が出ない場合には、一度設定を見直してみることが大事です。サイレントやマナーモード、音量レベルが最小になっていないか確認していきます。側面にある音量調整ボタンか設定のサウンドから調節可能です。スピーカーの音を確認するためイヤホンは外しておきましょう。無線の機器に接続しているときは、一度設定をオフにしてみて下さい。非対応のケースだと、スピーカー部分が塞がれて音が聞こえにくい場合もあります。電源を入れなおしたり再起動をかけてみるのも効果的です。言語設定の変更で直ることもあるので、一度他の言語に変えてから日本語に戻してみて下さい。これでも改善しない場合は早めに修理へ持っていきましょう。

修理内容や時間について

iPhoneにはイヤーとラウド、二種類のスピーカーが搭載されています。通話音声はイヤーから、サウンドや操作音はラウドから流れているのが特徴です。スピーカー部分のパーツ交換となるので、修理にはそれほど時間はかかりません。iPhoneの世代によって料金が変動し、新しい機種ほど高くなっているお店が多いです。料金は5,000~8,000円が相場で、修理は15~30分ほどで終わります。店頭への持ち込みだけでなく、郵送修理に対応しているお店もあって便利です。マイクなど他の部分も故障していた場合には、パーツごとに料金が発生してきます。事前に見積もりを出してくれるので、納得したうえで修理を依頼できるはずです。

iphone6sの修理は、正規代理店でお願いするのが無難です。画面ガラスの交換やバッテリーの交換は、簡単な作業ですが、正規代理店でない店で修理すると保証が無くなることがあるので注意が必要です。