サトシ・トミイエ

(Abstract Architecture)

st

東京生まれ。若くしてクラシック・ピアノ教育を受けジャズに興味が湧く。学生期にバンド活動を経てDJを始めクラブ・ミュージックの制作手法へと辿り着き、’88年頃に制作したデモで世界への扉を開く。それが、フランキー・ナックルズに渡した「Tears」( ’89)だ。このワールドワイド・ヒットを期にNYCに拠点を移し、フランキーやデイヴィッド・モラレス所属のDEF MIX PRODUCTIONSに加入、ハウス・ミュージックがミュージック・シーンを席巻する’90年代に夥しい量の仕事: グラミー対象作となるマライア・キャリーからアンダーグラウンドなT.P.O.まで: をこなし、そのほとんどが「クラシックス」として今なお継がれている。膨大なリミックス/キーボード/コンポーズ仕事の合間に坂本龍一「Heartbeat」(’91)プロデュース+同ツアー参加、LOOP 7、Black Shells、盟友・木村コウとのLevel 9など複数の名義を操り自身の作品も発表。’99年に初アーティスト・アルバム『FULL LICK』をリリース、なかでも「Love In Traffic」は「Tears」と並ぶトミイエの代表曲と称される。’00年にはHector Romeroをパートナーに[SAW.RECORDINGS]を立ち上げ、『UNDULATION』シリーズ、 『ES』『ES-B』といったミックスCD、NYCのヴェテランJoeskiとのSatoeski、東京のIori Wakasaとのコラボレーション作を含めた’00年以降のトミイエの作品リリース拠点としても機能してきた。

トミイエは、’00年代以降は制作/運営活動の傍らでDJ活動の比率を増やし、北米~中南米、欧州、アジアとほぼ毎週、世界を駆け巡っている。イタリア、アルゼンチンからのサポートが特に厚く、またマイアミ・WMCやイビザ・PACHAでのレーベル・パーティ、日本でも<SAW @ AIR>を’08年から立ち上げ、トミイエが推すアップカミングDJ/アーティストの紹介の場としている。’01年イビザDJアワードでベスト・テックハウスDJに選ばれ、さらに英・DJ mag誌での『Top 100 DJs』では’02年から4年連続ランクイン、’02年に[Global Underground]の『NuBreed』、’06~’08年にかけて[Renaissance]から3作のミックスCDを担当したのは当時のUKシーンにおけるトミイエへの高いプロップスの証左だ。’03年から’12年(印刷版休刊まで)にかけて『loud』誌にてコラム「イッツOK!」を担当、世界を回る日常を読者にレポートしていたが、’10年以降は自身のsoundcloudを立ち上げ定期的に各地でのDJミックスをアップ、世界中のフォロワーに発信している。

新たにNY/ベルリンで立ち上げた[Abstract Architecture]から、16年ぶりとなるアーティスト・アルバム『New Day』(’15)がリリース。トミイエがオーガニックな繋がりのなかから提示するハウス・ミュージックの’15年の現在地といえる作品で、アルバムからはRon Trent, Dj Sneak, Maayan Nidam, Fred P, Cab Drivers, Brawther, Pablo Mateo, Chez Damierなどのアーチストによるリミックス・カットも限定レコード盤オンリーサンプラーという形で続々リリースされている。

’16年Sankeys Tokyoのオープンに合わせ新レーベル名を冠したパーティーを始動、さらに『New Day』を経た自身の新しい音楽の方向性を示すEPもスケジュールされている

satoshitomiie.com